MENU

クレカのリボ払いは危険と言われているけど本当なの?

クレジットカード

手持ちの現金がなくても、ショッピングが楽しめるクレジットカードは便利ですよね。なかでもリボ払いは毎月一定金額の支払いで済むため、気軽に利用しがちです。しかし気軽に使えるが故に、借金が膨らむ原因にもなるようです。ここでは、リボ払いは本当に危険なのかどうか調べてみました。

 

リボ払いとはどんな支払い方法なのか

リボ払いとはクレジット利用分のうち、金利手数料を含めて毎月一定金額を支払いを行う方法です。毎月の支払い金額は自分で設定金額を決められる他に、残高スライドで決定される場合もあります。

 

余裕のある月には、前倒しで増額支払いが可能というメリットもあります。短期間で返済が可能な場合は、分割払いよりも手数料を抑えることができます。うまく使えば、いざという時に大変頼りになるサービスなのです。それでは、なぜリボ払いが危険だと言われるのでしょうか?

 

まず毎月の支払いは一定となるため、利用者は金銭感覚がマヒしてしまいます。15%という高い金利がゆえに、使えば使うほど借金が増える仕組みなんですね。支払い金額以上に利用すると、元本が減らなくなり借金が増えます。

 

例えば5万円をリボ払いで利用、毎月の返済金額を1万円としましょう。この時点で4万円の借金となり、元本に対して金利も必要になります。翌月にさらに5万円をリボ払いで利用した場合、1万円を返済したとしても8万円と金利手数料の借金が残るのです。このように支払い金額以上に毎月利用してしまうと、知らないうちに借金が膨らみます。

 

知らないと怖いリボ払いのデメリット

続いて、リボ払いは返済期間が長期化しやすいことが挙げられます。3回払いなどの回数払いは支払いを3回に分けて加えて手数料を支払うため、返済期間が把握しやすいのがメリットです。対してリボ払いは毎月固定金額の支払いとなるため、実際の返済期間の把握がしづらいのです。支払いが長期化すれば金利もその分必要ですから、支払総額はどんどん膨らみます。

 

クレジットカード会社は金利手数料で利益を出していますので、リボ払いはお勧めしたい商品なのです。様々なキャンペーンを展開して、利用者をリボ払いへと誘導します。ポイント還元率がアップしたり、大量ポイントがもらえるキャンペーンですね。一時的には得した気分になるのですが、もらえたポイント以上に金利を支払う可能性もあるのです。

 

このようにリボ払いには、知らず知らずのうちに借金が増える仕組みがあります。現在の自分の借入額がいくらになっているのかを、自分で把握する必要があるのです。逆に言うと自分できっちり把握できる方であれば、便利に使えるサービスなのです。例えば急な入用で一時的に支払いが難しい場合は一旦リボ払いで支払い、残額を翌月に増額して支払う使う方法があります。

 

2回払いなどの分割払いに対応していない加盟店で利用する際に、1回払いを後日リボ払いに変更できるのです。実際の店舗でショッピングをする際に、分割払いを指定することが恥ずかしい場合もありますよね。私はショッピングをする際に一旦1回払いで支払い、余裕のない月は後日リボ払いに変更して利用しています。残高はできる限り、数か月の間で返済するように心がけていますけどね。

 

そもそも、クレジットカードでリボ払いをするということはお金がない状況にある人ということになりますが、お金を借りる方法はリボ払い以外にもあります。クレジットカードにはキャッシング枠が付いていて限度額の範囲だったら即日お金を借りることだってできます。ただし、リボと同じようにクレジットカードのキャッシングは金利が高いのでおすすめできません。お金がなくて借りるなら金利が安いカードローンサービスの方が良いです。

 

他には、場面が限られますが、ブライダルローンというサービスもあります。これは結婚式にかかわるお金を貸してもらえるサービスで金利が安いです。私の友人は結婚式のお金がないときにブライダルローンではなくカードローンを利用していたのでかなり損だと感じたのを覚えています。ブライダルローンの存在を知らなかったのだと思いますが、知識がないだけで余計なお金をはらわないといけない時代ですね…。

 

お金の管理が下手な人はリボはおすすめできない

リボ払いが危険だと言われるのは、自分で支払い管理ができない人です。一定金額の支払いだからといって、支払い能力以上の利用を毎月続けると目も当てられない状況になります。クレジットカードを利用する際はできる限り1回払いを利用し、リボ払いは控えましょう。

 

どうしても利用する場合は、早めに増額返済できるよう心がけましょう。リボ限度額まで利用してしまい、返済が難しくなるのは避けたいですね。クレジットカードを上手に活用して、日々の生活に役立てましょう!